(公社)日本ユネスコ協会連盟・プロジェクト未来遺産登録団体

公開日 2016年03月25日

登録プロジェクト名
次世代につなごう!!「千年サンゴ」保全プロジェクト
登録日
平成27年12月7日
選考理由(日本ユネスコ)
本プロジェクトは、千年サンゴというシンボルを持ち、徳島県、牟岐町、観光協会、商工会、漁業協同組合、NPOなどが強力な連携を保って、サンゴの保全とまちづくりを目指して活動するという高いメッセージ性およびモデル性を有している。人材育成が着実に行われていることを鑑みると、その持続可能性も高く、活動の成果がプロジェクト未来遺産登録によって、さらに現実的なものになることが期待される。

 

プロジェクト未来遺産とは

(公社)日本ユネスコ協会連盟が失われつつある豊かな自然文化を、子どもたちの未来に残そうとする活動を未来遺産として登録し、地域から全国へ発信し、日本全体で応援するもの。

詳しくはこちら

 

千年サンゴが生息する地元牟岐町では、この登録を受けて、牟岐町の記念日として毎年12月7日を「千年サンゴの日」として制定しました。

千年サンゴの日の制定について[PDF:79KB]

 

また、プロジェクト未来遺産登録証伝達式に併せて、平成28年2月10日に記念式典を開催しました。

プロジェクト未来遺産の登録証伝達
福井雅彦町長より「千年サンゴの日」制定宣言
牟岐小学校児童による保全活動報告
キャラクター「千年さんごちゃん」のお披露目
ハープ演奏家の富田晴世さんによる「千年珊瑚の歌」披露
記念式典

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード