千年サンゴの日の制定について

牟岐大島の内湾にあるコブハマサンゴは千年サンゴの愛称で町民に親しまれ、保護活動が続けられている。牟岐町の豊かな自然を象徴する生物であり、後世に町の宝として継承してゆくため、千年サンゴの日を次のとおり制定する。

千年サンゴの日 毎年12月7日

平成28年1月12日
牟岐町長 福 井 雅 彦

千年サンゴの日の制定について[PDF:79KB]

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード